レコーディングダイエットで痩せることができる?

ダイエットについて調べていたらレコーディングダイエットという方法が書かれているものを見つけました。

 

結構前に流行っていたダイエット方法な感じがしますよね。
今続けている人、これで上手くいったという人はどれくらいいるのでしょうか?

 

最近はそこまでダイエット記録を公開する人も減ったような気がしていてよく流行りがわからなくなってきています。

 

筋トレの記録をつけたり、体重の記録をつけたりする人はよく見かけるのですが、毎日の食事について記録してそれを公表する人は少ないような気がします。やはりそれだけ面倒というところもあるのでしょう。

 

 

レコーディングダイエットはシンプル

 

レコーディングダイエットは非常にシンプルなダイエット方法で定義はいろいろあるものの、基本は食べたものを記録していくというダイエット方法です。

 

 

食べたものを記録するからこそ、余計な食事をしなくなってカロリーコントロールをしやすくなります。

 

ダイエットをするのにわざわざ過剰な食事をしようと考える人はいません。でも普段食事の記録をつけるなんてことは普通の人はすることはないでしょうし、記録しないからいつの間にか多い量を食べてしまいます。

 

ちょっとくらい食べても次の日にご飯を少なくすればいいだろうなんて思っていて、気がつくとその状態を標準となってずっと量が多い状態が続いてしまうというようなものです。

 

おやつはなるべく食べないようにしようと思っても、記録に残っていなければ食べてもそのことを忘れてしまったり、そんなに食べているわけでないから大丈夫と思ってしまいます。

 

でもレコーディングダイエットとしてしっかりと記録に残っているのであれば、その記録を見るたびにやってしまったというような罪悪感が出てきますし、もっと工夫して食べないようにしようという気持ちも出てくるのです。

 

 

カロリーの吸収率であったり細かい問題というのはいろいろありますが基本的に摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを高めていけば理論的には痩せていくもの。

 

全然食べないのに痩せないというのは本当に食べていないのではなく、どこかで食べてカロリーオーバーしている可能性が高いのです。

 

レコーディングダイエットをやっていけばこの点を明らかにして、痩せやすい週間を作ることが可能になっていきます。

 

 

レコーディングダイエットのメリットとデメリット

 

 

レコーディングダイエットのメリットとデメリットを見ていくとどうなのでしょうか?

 

デメリットとしては面倒だということ。手間がかかるためそこが嫌になって挫折する可能性はあるというものです。

 

やはり毎回の食事を書いていくというのは面倒なものです。そして3食だけではなくおやつについても書くとなるとその手間はさらに上がっていきます。

 

でも、間食こそカロリーを多く摂るものが多いものでここで差がついてしまいます。細かい間食をする、ちょっとしたものをつまんでしまうという人はそれを全て記録しなければいけなくなるので、非常に面倒くさくなってしまいます。

 

それが面倒くさいと思って間食をしないようにすれば成功です。途中でかくのが面倒くさくなってしまうとそれで終わりです。

 

ここをどう乗り越えるかが勝負の分かれ目です。

 

 

メリットはもうおわかりのとおり、食べる量を記録するので自分の食事量の見直しにつながりやすいということ。余計な間食も減らすことができるということです。

 

食べていないにもかかわらず太り続ける、理想の体型にならないというのは何かがおかしいからそうなっているはずで、太る原因となる食事を見直しみた方がいいのです。

 

食べないのに太り続けると思い込んでいても実は総カロリーを調べてみると普通に総カロリーをオーバーしていたりということもあります。

 

普段の食事は問題なくても、実はおやつの一つがカロリーが相当高く摂取してしまっている等、何かの原因があるはずです。

 

逆に全く食事に問題がないことがわかれば、消費カロリーであったり、何かの特殊なものがあると思われます。

 

原因を見つけるためにもレコーディングダイエットを行っていくというのは大事なのことになるのです。

 

 

お金がかからないということ

 

これもレコーディングダイエットのメリットとなりますが、とにかくお金がかからないということがあります。

 

ダイエットは基本食事制限か運動ということになりますが、本格的なダイエットを行っていこうとするとどうしてもお金がかかるということは出てきます。

 

専門的なダイエット食品を購入したり、専門サービスにお金を払ったり、ジムに通ったりと結構負担が出てきたりしてしまうものです。

 

それと比較すればレコーディングダイエットなんてものは全くお金がかかる要素がありません。

 

専用アプリのようなものを使えば有料のものもあるかもしれませんが、特にこだわりがなければお金は本当に0円で実施することができます。

 

お金をかけないでダイエットができるのに、その理論も悪くなければ成功率も十分に見込めます。やってみて損はありませんし、他のダイエット方法と組み合わせても全く問題はありません。

 

 

面倒であれば体重のみの記録でも効果あり

 

レコーディングダイエットの最大の欠点は面倒だということです。
すべての食事を記録するのはかなり大変ですので、それが難しいのであれば体重だけを毎日計測するというのでも効果はあります。

 

毎日体重を測っていると、どれくらいの変動幅があって、その変動幅を超えたり減ったりしたというのことがわかりますので、今ダイエットの調子がいいのか悪いのかということをしっかりと意識することができます。

 

オーバーしてきてよくない状態であればもっと食べる量を減らそうとその場で軌道修正を図ることができますし、自然と普段の食事量も意識するようになってきます。

 

本当はすべての情報を記録した方がいいのですが、最低限体重を記録していけばなんとかなる部分はあります。

 

体重が毎日少しずつ増えていっているのに、平気で食べ続けるなんて普通の人はできません。
気がつくと自然と痩せていくということができるはずです。

 

 

まとめ

 

ここではレコーディングダイエットの内容について触れてみました。

 

詳しい内容、テクニック等は深いものがあるのかもしれませんが、個人で気軽に試してみる分は簡単に記録するだけでも効果はあると思います。

 

面倒なところをどうやって乗り越えていくか、どれだけ週間化できるかがポイントですね。

 

お金をかけなくてもできることなので、まずは気軽にやってみるというのはいかがでしょうか。