過度な食事制限は危険 

 

ダイエットをして痩せようとなると食事制限をするということがどうしても必要です。

 

でも食事制限というのは難しいもの。
多くの人は途中で挫折してまたいつもどおり食べるようになってしまって太り出してしまうなんてことがあります。

 

ただし、一部の人には成功するどころか過剰なレベルにまで食事制限をしてしまい、それが身体にとって大きなダメージとなってしまうことがあるのです。

 

 

 

ダイエットを本気でやりすぎると?

 

ダイエットを本気でやると決意するのは大事なことです。
ただ何事も程度というものがあります。

 

食事制限を激しくしすぎると、やろうと思えばほとんど何も食べないということもできてしまいます。
何も食べなければ当然痩せていきます。

 

ですがその結果はどうなるのかというと、身体全体がボロボロになっていってしまいます。

 

栄養も同時に失うということはお腹がすくだけではなく、身体の調子も悪くなりますし肌もボロボロになっていきます。
これでは「痩せた」ではなく「やつれた」ような感じになってしまうのです。

 

ほとんどの人は途中で挫折するとは思いますが、あまりにも本気過ぎた結果、かえって身体を壊すことになってしまうということも起こり得るのです。

 

 

栄養を摂らないと生きられない

 

ダイエットで食事制限をすればいいといっても、栄養を摂らないと生きていけないのが人間です。

 

栄養を摂らないことによって身体の調子が悪くなってしまうのでは本末転倒です。

 

どこまでの栄養を摂ればいいのか、どこからがダメなのかというこの絶妙な制限をしていくというのは難しいものです。
あくまで過激にダイエットをする人の話であって、ちょっとだけご飯を減らそうということであれば全く問題はありません。

 

例えば断食をするというようなケースですね。
断食といってもプロの人は酵素ドリンクを上手く断食期間中に取り入れて適切な栄養を確保しようとしたりしています。

 

でも、一般人にはなかなかそこで上手く栄養を取り入れるような方法はわかりません。結果ただひたすら食事制限をしすぎて身体を壊して、そのままでは続けられないということになってしまうのです。

 

 

結局リバウンドすることに

 

ダイエットをして身体を壊したり、壊すまではいかなくても身体の調子が悪くなってしまったとなると、そこからはもう普通に食事を戻すしかなくなってきます。

 

そして結局リバウンドしてしまいます。

 

適切に減らすことを考えないと、我慢した分、今度はもっと食べるというようなリバウンドが起こってきます。

 

そして一度栄養が不足してから食べ物を食べると人間は脂肪に蓄えやすくなるという特徴があります。

 

今まで過剰に栄養が足りていなかったので、なんとかその分を確保しようと脂肪の吸収率が上がってしまうということ。

 

ダイエットを頑張った結果、太りやすい身体が出来上がってしまったというのでは意味がありませんよね。

 

このようないろいろなリスクがある以上、ただ単純に食べないダイエットというのは意外と上級者向きであり、何も知識がない状態で取り組むには向かないということがわかります。

 

 

食事を減らしても栄養は減らさない

 

ダイエットで身体を壊さないコツとしては食事量を減らしても栄養は減らさないということがあります。

 

食事量を減らすのでカロリーは減らすことになるのですが、これと同時にただ食べないのであれば栄養もなくなってしまいます。

 

各種ビタミンやカルシウム、鉄分等生きていくのに必要な栄養が失われていくと必ずどこかでダメージが蓄積して失敗する元となってしまいます。

 

ダイエットで食事を減らすのであれば足りない栄養を補う手段を考える。先ほどの酵素ドリンクでもそうですし、何かのサプリメントを使うというのもいいかもしれません。

 

また単純に減らすのではなく、炭水化物を減らしてサラダはたくさん食べる。野菜から栄養を確保して全体の栄養バランスとしては帳尻を合わせる等が必要となるでしょう。

 

 

米を食べないダイエットはあり

 

栄養バランスを崩さないダイエット方法としては米を食べないというのはありかもしれません。

 

米はカロリーが非常に高いものとなっています。ご飯一膳で240kcal程度ということが言われていたりします。

 

これを毎日減らすだけで継続すればダイエットに成功します。
そしてその代わりにおかずは食べますので栄養分としてそこから摂っていけば不足することはありません。

 

完全に炭水化物をゼロにするということはよくありませんが、他のおかずを食べていれば自然と足りない分を補ってオーバーにならない程度には摂ることができるでしょう。

 

あとは米無しを我慢できるのかどうかということ。
おかずの中には米を必要とするようなものも多いですよね。
もともと日本人は米を食べることを基本として作られた料理も多いですし、ずっと我慢というのも厳しいかもしれません。

 

ですので、量を小さくしてちょっとだけ食べる。
または、食べる人と食べない日を作ってメリハリをつける。
完璧に無くすのではなくちょっとは食べるということで、我慢できなくならないように上手く自分をコントールするという方法です。

 

これであればできる可能性も高まるのではないでしょうか。

 

 

きちんとした情報を得ること

 

ダイエットで食事制限をすれば痩せるということはわかっていますが、ただ単純に食事を抜くということは危険だということを言いました。

 

ダイエットに関してはきちんとした情報を得ることが大事です。

 

特に今まで自分で何度も挑戦しても上手くいかなかったという場合、自分自身の意志だけではどうにもならない状態なのかもしれません。

 

自分で知識を学ぶのもいいですし、サプリメントや専門のダイエット食材を利用する、ダイエットのサービス等を利用するというのも一つの方法です。

 

自分に合ったダイエットを見つけられるように、そしてくれぐれも無理をしないようにということで適切な方法を考えていくようにしましょう。