糖質制限の新事実とは?糖質制限のダイエットは痩せない?

糖質制限ダイエットの真実が発覚してこのダイエットは痩せないというような私がネット上で出てきました。

 

どのような情報かということで確認してみたのですがどうやら糖質制限のダイエットはリバウンドする可能性が高いというような話でした。

 

糖質制限ダイエットしてる人の二人に一人がリバウンドしてるという話で脳が糖質を要求するようになっているため、 一時的に痩せることができてもすぐにリバウンドしてしまうということであまり良いダイエット法ではないというような話でした。

 

新事実ということで何かもっと特別な情報が出るのかということで考えていたのですが、リバウンドしやすいというのはまあそうかなというようなところです。

 

糖質制限がどうとか関係なく食事制限のダイエットであってもそれはまあリバウンドする可能性は当然出てくるでしょう。食事制限全般のダイエットが普段よりも食事を取らないことによって摂取カロリーを制限しているという話になるので、ダイエットの目標を達成したところで、今度はその状態を維持していかなければいけないことになってしまいます。

 

辛い大変な目標を設定してその設定をクリアしたからといってそこから楽ができるわけではなく、またそこからその体型を維持するために食事制限をしていかなければいけないことになってしまいます。

 

大変な事の後にはご褒美があるから努力ができるのであって、目標達成した後も辛い状態がずれてしまうのであればそれはリバウンドするというのはそんなにおかしい話ではありません。

 

糖質制限がダメというような話ではなく、食事制限のダイエットというのは元々リバウンドする可能性もあるということを想定して動かなければいけません。

 

 

それでは運動のダイエットがいいのか?

 

食事制限のダイエットは厳しいからといってそれでは運動のダイエットがいいのかというとそれもまた違う話になってしまいます。

 

運動によって消費するカロリーというのはかなり少ないということが分かっていて、現代人が週に1-2回ジムに変わったからといって大幅に痩せられるなんてことはありません。

 

運動のダイエットというのもずっと続けられるのであればいいのですが、結局これも食事のダイエットと同じで目標達成した後続けられなくなってしまうのでは意味がありませんし、厳しいジムトレーニングをはじめて途中で挫折してしまうのでは意味がありません。

 

ダイエットするための効率としては食事制限の方が良いものになりますので、どちらかと言うと食事制限の方をオススメしたいです。

 

 

どのような状態であれば続けられるのか

 

食事制限によるダイエットはリバウンドしやすいというようなことは周知の事実です。

 

それであればどのような状態であれば続けられるのか、自分の場合はどうなのかということを考えてやっていくことが必要です。

 

一時的な食事制限をして終わったらまた食べるような状態に戻すというのは成功しないのはわかっています。 そのため最初からご褒美としてのチートデイがあるということを前提としたり、食べない人と食べる日があって自分自身を満足させられる日があると言うように、最初から長期間続けられるような状態にしておくことが大事なのです。