運動よりも食事制限の方がダイエット効果が出やすい

 

ダイエットということで一生懸命有酸素運動なども頑張る人もいるかと思いますが単純に痩せるということを目的とするのであれば運動よりも食事制限をした方が効果が出やすいのではないかということを最近実感してきています。

 

運動と食事制限どちらがいいのか、もちろん両方行った方がいいことは間違いありません。
単純な食事制限をしてしまうと栄養分も失われてしまうということもあり、そういえばしっかりと食べるものを食べて運動をたくさんしてカロリーを消費するというのが良いということになります。

 

正しい現実面を考えるとそこまでのカロリーを消費するほど運動するというのは現代日本においてはかなり難しいのではないかと思えるところがあります。

 

徒歩で毎日何時間も歩いたり、毎日走り続けるとかそのようなことを一時的にではなく本当に最後までやり続けることができるというのはかなり少ないのではないでしょうか。

 

ダイエットしようと決意して最初のうちは勢いもありますし、外を歩く、走り続けるということもやれるかと思います。ただそれを本当にずっと継続できるのか、これが課題です。
1ヵ月間続けることですら難しいと思います。

 

そしてそれを、半年以上続けるとなるとほとんどの人が挫折してしまうのでしょうか。
毎日時間が余っていてランニングする時間があるとかそういう人であればいいのかもしれませんが、多くの人には日々の生活というのは待っています。
勉強もしなければ行けなければ、仕事もしなければいけません。家族の面倒を見なければいけないともたくさんいます。

 

このご時世の事情を考えるとなかなか毎日ランニングを続ける、毎日はないとしても週2回でもランニングを続けることというのは相当のハードルが高いように思えるのです。

 

 

消費カロリーというのはそこまで高くない

 

このサイトでは何度も書いていますが運動による消費カロリーというのはそこまで高くないという問題があります。

 

1時間一生懸命走っても消費できるカロリーは500kcal程度。体重を1キロ減らすには7200kcalが必要になるため、14時間以上走らなければいけません。
最初のうちはできるかもしれませんが、1ヶ月に14時間以上走るというのをずっと続けることはできるでしょうか?

 

かなりこれは難しいことのように思えます。誰でも最初はやる気があるんです。でも何ヶ月も経った後疲れて会社から帰ってきて後でできるのかという問題ですね。
運動によって痩せるというのは思った以上にハードルが高いことが分かってきます。

 

 

食事制限の方が実は楽ではないか

 

食事制限をするというのは多くの人にとってかなり大変で辛い事のように思えるかもしれません。ただ実際にやってみると慣れてくるということがあります。

 

夜の食事会で1000kcal以上を摂取するのは簡単です。レストランなのでカロリーが書いてあるようなメニューを見ると、1000kcal以上なんて当たり前にいってしまいます。

 

ハンバーグやステーキのセットひとつ食べると下手すると1500kcal以上の数値は簡単に出てしまいます。

 

このような食事から500kcalカットするというのはどうでしょうか?
毎日ではなく、たまに夜を自宅でサラダと少しのおかず程度にするというのはどうでしょうか?

 

簡単に500kcal程度の削減ができてしまいます。
人は慣れるものでお腹がすくから耐えられないと思っても、1日2日そんなに食べなくても辛いのは最初だけで普通に適応できてしまいます。
少なくとも1時間ランニングをするよりも、食べない日を作ることの方が簡単です。

 

別に完全に絶食するわけでもなく、夜食べない日をちょっとつくるだけ。
14日間、少なめの日を作れば1kgのダイエットに成功です。

 

2日に1回は普通に食べてもいいわけです。もっとゆっくりやっても構いません。
このように考えると食事制限の方が成功しやすいと思いませんか?

 

 

まとめ

 

今回は今まで実践してきた中で運動よりも食事制限の方が簡単だということを改めて実感したので記事にしてみました。

 

また私自身もんダイエットに積極的にチャレンジしてみてその結果についてわかったことについて書いていきたいと思います。