太っている人ほど病気にかかりやすい

太っている人ほど病気にかかりやすい

 

今はコロナ禍の時代。新型コロナウイルスにはかからないようにありとあらゆる対策をしていかなければいけません。

 

正確な情報がどうかはわかりませんが、コロナで比較的重い症状になる人の特徴として肥満の割合がかなり多いという話があります。
看護師で現場に出ている人の話ということで、データ的な確証がある話ではありませんが、そうであってもおかしくありませんよね。

 

基礎疾患があると重症化しやすいということ、肥満ということも糖尿病にもつながりやすいですし、肥満自体も病気の一種というようなところもあるわけです。

 

 

太っているということは体に負担をかけている

 

太っているということはエネルギーをたくさん蓄えられていていい、ではなく体のすみずみに負担をかけている状態ということです。

 

病気にもなりやすいし、何かの病気にかかったときにその症状も重くなりやすい。
それは新型コロナであっても同じということで全くおかしくはないでしょう。

 

体に負担をかけている状態というのは、このご時世ということもありますが、今後の将来的なことも考えても解消していった方がいいでしょう。

 

ガリガリにまで痩せるのはまた良くありませんが、標準状態にするということは本当にメリットも大きいものです。

 

 

 

ダイエットをしてかなり体を絞りました

 

私自身も肥満ではないのですが、ちょっと太っていたときがあってそこからダイエットをして標準体型まで体重を落とし、見た目も変わってきました。

 

そうするとやはり体の軽さ、疲れやすさ等は変わったという感じはあります。その時は気づかないのですが、痩せた後はやはり違うと感じるものです。

 

健康面については健康診断上の数値もかなり良くなりました。以前は悪い数値も結構出ていてなんでそこまで太っているわけでもないのにこんなに悪い数値が出てくるの?なんて思っていたりもしたのですが、実際に痩せると数値も減っていきます。

 

健康問題がそれだけで完全に解決するわけではありませんが、太っているということで問題を起こすリスクが減ってくるだけでも全然違うという印象はあります。

 

 

見た目が変わる嬉しさは大きい

 

太っているときはある程度諦めたり受け入れてしまっているというところがありましたが、後で振り返ってみると本当に見た目も全然違いますし、当たり前ですが痩せている方が見た目もよく見えます。

 

ガリガリまでになるとまた違いますし、不健康になってしまいますが適度なスタイルを維持するというのは本当にいいものです。

 

健康なだけではなく見た目もよくなるので、人からもよく見られやすくなりますし、ファッションも似合うようになってくる。太っていると諦めているようなことが痩せてくると全然変わってくるということはあります。

 

 

総合的に考えても太っているのは損

 

総合的に考えても太っていることによるメリットは何一つありません。これまでであれば見た目のキレイさであったりする面が大きかったのですが、昨今の世の中の事情を見ると健康面・病気面というリスクも大きくなってきています。

 

どうしても痩せることができないような病気であればそれはまた異なるかもしれませんが、そうではなくほとんどの人は良くない生活を送っていて太っているだけです。生活の見直しをすることで見た目は改善してくれるのです。

 

基本的には食べ過ぎなのと運動不足だということがほとんどでしょう。
食生活を本当に気をつけていて、カロリーまで気にして生活している、毎週きちんと運動をしているという人でちょっとであればまだしも結構太っているなんて人は見たことがありません。

 

ほとんどの人は自分でも太っている原因がわかっているはずです。
ただ単にやっていないだけ、きちんとしていないだけでやればやるほどダイエットは効果が出てきます。

 

 

 

健康面を考えて少しずつ頑張っていくこと

 

健康面を考えてダイエットをしていく場合、少しずつ取り組んでいくことが大事です。
特別に短期間で異常に痩せなければいけない場合では別ですが、そうでないのであればいきなり無茶なダイエットをすることは失敗してしまいます。

 

今までやっていないことをするのだから少しずつすること。いきなり食事を完全に抜いたり、毎日外を1時間走るとか、そういうことは「そんなことができるのであれば今まで太っていたわけがない」というものです。

 

自分の意志の強さがどれくらいあるのかということを見誤ると簡単に失敗します。
まずは本当に少しずつ。間食をやめたり、ご飯のおかわりをやめる、自宅で筋トレをする等の小さなことから始めて、それを積み重ねていく方がいいでしょう。

 

あまりにいきなり大変なことをやる挫折確率が上がるだけです。少しずつ初めて慣れてきたらだんだんと強度を上げていけばいつのまにかダイエットのために必要なことをやる、しっかりと有酸素運動等もやるのが当たり前という生活になることができます。

 

今は別にいいやとか思う人もいるかもしれません。
それが昨今命のリスクにも関わってくる話も出てきました。
今後もどのようなことが起こるかはわかりませんし、ダイエット、体型維持は長い目で見ても取り組むべきものになるのではないでしょうか。

 

まずは少しずつ現状の見直しを始めてみることをおすすめします。